嵐の裏話をごっそり掘ってお届けしています!

くさい演出にもときめいてしまう松本潤の「THIS IS MJ」がすごい

嵐のバラエティ番組「嵐にしやがれ」では松本潤のコーナー「THIS IS MJ」で毎回かっこいい姿が見られますよね。柵をかっこよく飛び越えたり、かっこよく風に吹かれたりと毎回話題になるのですが8月8日の放送ではいつもよりも笑いを誘ってしまったようです。

 番組内で自身が担当するレギュラーコーナー『THIS IS MJ』にて、「女の子の誕生日をカッコ良く祝いやがれ」というテーマを与えられた松本潤は、“東京タワーキャンドル”に挑戦することに。
これは、東京タワーをろうそくに見立て、消灯するタイミングに合わせて息を吹きかけることで、まるで息によって消えたように見せるというキザ極まりない行為で、番組内の説明によれば、ビジネス漫画『部長 島耕作』(講談社)の作中で、主人公の島耕作が、恋人である大町久美子に対して行ったものであるらしい。(中略)
その後に向かったロケでは、雨に降られるなどのハプニングに見舞われたものの、松本は東京タワーが毎晩24時に消灯すること、東京タワーをキャンドルに見立てるには海を挟んで適度な距離がある勝どき橋がベストであるという情報をゲット。
24時までの時間つぶしのためにお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるかとペアでデートスポット紹介をしたあと、彼女役にお笑いコンビ・大久保佳代子を迎え、ケーキの奥に東京タワーを写し、ろうそくに見立てるという形で東京タワーキャンドルに挑戦した。
しかし、本番で松本は、消灯時間が迫ってしまい焦ったのか、Happy Birthday to youを倍速で歌ったり、サプライズのはずなのに「消すよ」と言ってしまうなどのポカを連発。辛うじて東京タワーキャンドルは成功したものの、彼女役の大久保に爆笑されるという結果になってしまった。(引用元:デイリーニュースオンラインhttp://dailynewsonline.jp/article/999039/)

もともと「東京タワーキャンドル」がくさい演出だったので難しいお題だったと思いますが、それも松本潤ならかっこよくできるのでは?という期待がありました。ネットでは
・ This is MJ のやつ好きな人に やってほしいかもしれない ちょっと引いてしまうけど ( 笑 )
・今晩の嵐にしやがれのTHIS IS MJは最高にときめいた! 何事も格好よく仕上げるMJは素敵ですが、やはりときめきも欲しいので
・今日のMJは潤くんの謙虚さや優しさ、人を喜ばせたいという気持ちがよく伝わってくる回でしたね。。 潤くん上手くできなかったと反省してたけど、タイミングとか完璧でスゴいなと思いました(引用元:Twitter)
と完璧にかっこいい松本潤だけでなく、ちょっと失敗をしても多少演出がくさくてもそんな松本にまたときめいてしまうんですね。ブログなどでも「これを実際にやられたらドン引き」「大爆笑したwww」などの記事が書かれたりしていました。コンサートでもかっこよく踊り、ドラマでは視聴者を釘づけにする松本ですが、たまにはゆるい部分や失敗したところも見せてほしいというのがファン心理のようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。